2009年07月10日

『ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術』

デザイン思考の仕事術

棚橋さんの著書「デザイン思考の仕事術」を読み終わりました。
前回のペルソナは主に「ケーススタディ」を読んで満足したのは、
すでにばれていますがこちらは、ちゃんと読了。

私自身、以前はHCDが仕事でしたが、
今はこの本で紹介されているHCD的な考え方を基盤において
仕事するというやり方にシフトしたのもあって
情報デザインやっている人だけじゃなくて
ソフトウェアやさんとかも
こういう考え方知っていたらいいだろうに
と感じていたので、今回は
デザイン思考の「仕事術」として出版されたので
「おぉそれそれ」と思いました。笑


マーケティングコーナー、ビジネスコーナー、
新書棚にあれので、Webや情報デザインの人以外も
手に取る機会があるかも。

「『ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術』」のつづき
posted by える at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

ムナーリ本

ブルーノ・ムナーリ

今日はブルーノ・ムナーリの本を手にとっています。
とある論文を書こうとしているのですが、なかなかアウトプットに苦戦しているので、ムナーリパワーを借りようかと。

ブルーノ・ムナーリは、イタリア人。
デザイナーであり、芸術家であり、発明家であり、美術教育家であり。

アートに関心がある人、プロダクトデザイン、情報デザインに関心がある人だけでなく、ビジネスやる人、システムをつくる人、ソリューションやる人も読んだほうがよいです。

それから、子育てするときにも読んだほうがよいです。
posted by える at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。