2009年07月10日

『ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術』

デザイン思考の仕事術

棚橋さんの著書「デザイン思考の仕事術」を読み終わりました。
前回のペルソナは主に「ケーススタディ」を読んで満足したのは、
すでにばれていますがこちらは、ちゃんと読了。

私自身、以前はHCDが仕事でしたが、
今はこの本で紹介されているHCD的な考え方を基盤において
仕事するというやり方にシフトしたのもあって
情報デザインやっている人だけじゃなくて
ソフトウェアやさんとかも
こういう考え方知っていたらいいだろうに
と感じていたので、今回は
デザイン思考の「仕事術」として出版されたので
「おぉそれそれ」と思いました。笑


マーケティングコーナー、ビジネスコーナー、
新書棚にあれので、Webや情報デザインの人以外も
手に取る機会があるかも。

感想として
「初めのほうと、終わりのほうが面白かった」
と思ったのですが、
もう一度ページをめくりながらなんでか考えたら
単に自分が知らなかったことが集まっていたのが
初めと終わりのへんに集まっていたということだったのでした・・・。

気を取り直して。
「デザイン思考の仕事術のための基本姿勢・七か条」は
壁に貼っておこうかなと思いました。
とくに第一条の
「わかる」ことは重要じゃない。「わからない」ことにこだわる。
というのは、「わかる」ことは「かわる」ことというのにつながる
力強いひとことだなと思います。





posted by える at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。