2009年11月23日

最近の読書展開。

先週末、函館→札幌間の3時間半の列車移動のお伴に、函館駅でたまたま手に取った養老先生と久石譲氏の対談本がきっかけで、だだだだだっと読書モードに。
養老先生本→ジブリ関連→ジブリ映画という具合にシフト中。

耳で考える ―脳は名曲を欲する
虫眼とアニ眼
Cut (カット) 2009年 12月号 [雑誌]
仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書)

自分でもこんな風に読書展開するとは思っていなかったので、かなり面白い。
読書リンクで今月はもう少し楽しめそう。
せっかくの機会なので、近々三鷹のジブリ美術館にもついに足を運んでみる事にしました。
そちらも楽しみ。





posted by える at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。