2007年03月10日

ブラティスラヴァ世界絵本原画展にいってきた

ブラティスラヴァ世界絵本原画展 ブラティスラヴァ世界絵本原画展

今日は天気もよかったので、フランス語のレッスンの帰りに三鷹市美術ギャラリーへ行ってきました。
三鷹市美術ギャラリーでは、明日まで「世界の絵本がやってきた ブラティスラヴァ世界絵本原画展」を開催中です。

ブラティスラヴァって何だろう?って思っていたのですが、スロヴァキア共和国の首都だそうです(地理に詳しくなくてすみません。。。)。今回の原画展では、ブラティスラヴァで2年に1度行われている世界絵本原画展2005年の受賞作と日本人作家の原画、そしてスロヴァキア共和国のおとなり、チェコの絵本が紹介されていました。

今回とてもいいなーと思ったのが、原画展の説明パンフレット。
各作品の作者、あらすじが載っているのですが、その下に「絵の中に本物のえんぴつの一部が使われています。どこかな?」というように、クイズみたいなものがついています。大人が読んだら「ん?どこどこ?」とじっくり作品を観てしまうし、子供が読んでも楽しめるなーと思いました。

たくさんの絵本原画があった中で、絵本全部読んでみたいな!と思ったのがこれらです。
「La prinvesa y el guisante (お姫さまとエンドウ豆)」 パブロ・アマルゴ
「Est-elle Estelle? (あの子がエステル?)」 アラン・ゴーティエ
おばけのブルブル」 荒井良二
ドワーフじいさんのいえづくり」 青山邦彦
「バルバルさん」 西村敏雄
やくそく」 成田雅子

「お姫さまとえんどう豆」「あの子がエステル?」は絵が大人っぽい感じでした。「あの子がエステル?」はフランス語の言葉あそびになっていて面白い。
「やくそく」の猫のよもとゆうじさんのうしろ姿にとても惹かれました。


会場を出たところにこんなのが。
顔を入れて写真取れるやつです。懐かしいし、かわいい。
ブラティスラヴァ世界絵本原画展 


三鷹市美術ギャラリーではもう終了してしまいますが、このあと日光、北九州と回った後、うらわでも開催するようですよ!
2007年 4月14日(土)- 5月27日(日) 小杉放菴記念日光美術館
2007年 6月 2日(土)- 7月 8日(日) 北九州市立美術館 分館
2007年 7月14日(土)- 9月 2日(日) うらわ美術館

■三鷹市美術ギャラリー


ラベル:絵本 アート
posted by える at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アートのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。