2008年06月01日

森博嗣「銀河不動産の超越」

銀河不動産の超越

こちらも5月30日発売。
森博嗣氏の「銀河不動産の超越」

銀河不動産という不動産会社に入社した高橋くんの人生のお話。
ここに登場する住宅がなかなか不思議で面白い。
読んでいる時イメージしていたのは、著者である森氏のガレージ(仕事場兼用)。
そして、高橋くんのキャラも憎めない感じ。

280ページくらいあるに、かなりさらりと読めてしまい、金曜日の帰りの電車+寝る前の読書時間であっという間に読み終わってしまいました。


ラベル:森博嗣
posted by える at 22:34| Comment(1) | TrackBack(1) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいな〜。
私も早く図書館の貸出できるようにして
森博嗣の本読みたいよ〜。

今、図書館戦争を読みはじめたよ♪
結構おもしろい。
Posted by ちひろ at 2008年06月02日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

銀河不動産の超越<森博嗣>−(本:2009年14冊目)−
Excerpt: 銀河不動産の超越クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2008/05) # ISBN-10: 4163270701 評価:74点 面白いのか面白くないのかと聞かれると、面白いの..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2009-01-22 23:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。